ビフィズス菌の効果・効能

ビフィズス菌とは

ビフィズス菌は、腸内の細菌のバランスを正常化して、障害を避けるはたらきがある栄養素だそうです。文献で調べた結果、このような事が記載されていました。

腸のはたらきをととのえ、免疫力を高めて抗がん性を強める
ビフィズス菌は、人間の腸にすみつくことができる乳酸菌です。

腸内の細菌のバランスを正しくする
母乳栄養児は人口栄養児に比べて、消化不良、赤痢、かぜなどにかかりにくく、かかったとしても軽くすむという統計があります。母乳栄養児がこれらの病気にかかりにくい理由の一つとして、腸内の細菌のバランスの違いがあげられています。糞便を調べてみると、人口栄養児に比べて母乳栄養児はビフィズス菌と他の細菌の比率が極めて高いのです。
つまり、母乳栄養児の腸管内の構成菌はビフィズス菌が圧倒的に多いわけです。このことからもビフィズス菌は大腸内の腐敗菌や病原微生物の増殖を抑え、有害物質の生成を防ぐはたらきがあり、健康を保持するために有効と考えられています。
また、炎症を鎮めるために用いられる抗生物質は、有用菌も殺し、腸内殺菌のバランスをくずします。その結果、それまでに抑制されていた他の病原菌が増殖して障害をおこすことがあるのですが、そういう場合にも、ビフィズス菌は腸内細菌のバランスを正常化し、障害を避けるはたらきをするといわれています。

免疫力を高める
ビフィズス菌をはじめとした乳酸菌の細胞膜は多糖類で構成されています。多糖類は抗がん性があり、免疫力を高める物質であることが明らかになってきました。

ビタミンB群などを合成する
ビフィズス菌は腸内でビタミンB1、B2、B6、B12、K、ナイアシン(ニコチン酸)、養蚕などを合成し、その一部が吸収利用されると報告されています。また、腸内がビフィズス菌優勢という状態にあると、種々の栄養成分の吸収が健全に行われるといわれます。また、腸内の細菌叢の変化と老化は関係があり、老化とともにビフィズス菌の比率が下がるという研究報告も出されています。

にんにく卵黄比較ランキング

ビフィズス菌はこんな人におすすめ

お年寄りや乳幼児、貧血気味の人、肝臓の弱い人、感染症にかかりやすい人、抗生物質を服用している人、便秘しがちな人、下痢しがちな人、肌が荒れている人

ビフィズス菌の効果・効能

ビフィズス菌の効果・効能を、文献で調べてみました。

【便秘】腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にする
●ビフィズス菌が便秘によいわけは?
『ビフィズス菌には、整腸作用があります、体内で生産される酢酸や乳酸が腸を刺激して蠕動運動を活発にする事で、便秘の予防、改善に効果を発揮します。』

●上手に摂取するには?
『摂取したビフィズス菌が胃の酸で死滅するのを少なくするために、食後にとるのがよいとされています。ビフィズス菌は約1週間で排泄され、二日酔いやストレスによる減少もあるので毎日とります。腸内のビフィズス菌をふやすために、えさになる栄養として、牛乳に含まれる乳糖や、玉ねぎ、ごぼう、にんにくに含まれるフラクトオリゴ糖をとります。また、ヨーグルトを食べて乳酸菌が体内に入ると、腸内のビフィズス菌が増殖します。』
【がん】抗がん性の強い乳酸菌
●ビフィズス菌ががん予防によいわけは?
『ビフィズス菌は乳酸菌の一つで、人間の腸内にすむ善玉菌の代表格です。ストレスやアルコール飲料の過剰摂取によって腸内のビフィズス菌が減少すると、胃腸障害や肝障害を引き起こし、がん発生の遠因になります。
 ビフィズス菌は腸内の腐敗菌の増殖を抑えることによって、有害物質の生成を防ぎます。たとえば、胃の中で生成する発がん物質ジメチルニトロソアミンを無毒化するとの報告があります。
 また、がんの予防に効果のあるビタミンB群などを腸内で合成し、これらを吸収し利用するはたらきがあることがわかっています。さらに、ビフィズス菌の構成成分である多糖類がもつ体内の免疫機能を高める作用によって、がん細胞に対する抵抗力が強まると考えられています。』

●上手に摂取するには?
『摂取したビフィズス菌が胃の酸で死滅するのを少なくするために、食後にとるのがよいとされています。ビフィズス菌は約1週間で排泄され、二日酔いやストレスによる減少もあるので毎日とります。腸内のビフィズス菌をふやすために、えさになる栄養として、牛乳に含まれる乳糖や、玉ねぎ、ごぼう、にんにくに含まれるフラクトオリゴ糖をとります。また、ヨーグルトを食べて乳酸菌が体内に入ると、腸内のビフィズス菌が増殖します。』
【下痢】感染性の下痢を予防する
●ビフィズス菌が便秘によいわけは?
『腸には約1,000種類の腸内微生物が住みついていますが、そのなかで健康によい代表的な菌がビフィズス菌です。腸内で病原微生物が繁殖するのを抑えて、感染性の下痢を予防します。』

●上手に摂取するには?
『摂取したビフィズス菌が胃の酸で死滅するのを少なくするために、食後にとるのがよいとされています。ビフィズス菌は約1週間で排泄され、二日酔いやストレスによる減少もあるので毎日とります。腸内のビフィズス菌をふやすために、えさになる栄養として、牛乳に含まれる乳糖や、玉ねぎ、ごぼう、にんにくに含まれるフラクトオリゴ糖をとります。また、ヨーグルトを食べて乳酸菌が体内に入ると、腸内のビフィズス菌が増殖します。』
【肝硬変症】腸内でのアンモニアの発生を抑制
●ビフィズス菌が便秘によいわけは?
『ビフィズス菌は有害な菌の活動を抑制し、便秘を予防することで、腸内のアンモニアや有害物質の発生を減らします。肝硬変症では肝臓の解毒能力が著しく落ちているため、健康ならば尿素にかえて無毒化されるアンモニアが血液中に高濃度になって脳に入り、精神や神経症状を起こします(肝性脳症)。アンモニアを発生させないことが大切なので、ビフィズス菌の整腸作用は有効です。』

●上手に摂取するには?
『摂取したビフィズス菌が胃の酸で死滅するのを少なくするために、食後にとるのがよいとされています。ビフィズス菌は約1週間で排泄され、二日酔いやストレスによる減少もあるので毎日とります。腸内のビフィズス菌をふやすために、えさになる栄養として、牛乳に含まれる乳糖や、玉ねぎ、ごぼう、にんにくに含まれるフラクトオリゴ糖をとります。また、ヨーグルトを食べて乳酸菌が体内に入ると、腸内のビフィズス菌が増殖します。』

ビフィズス菌を多く含む食品

ヨーグルト、乳酸菌飲料、ビフィズス菌添加食品

参考:
病気を治す栄養成分BOOK
からだに効く栄養成分バイブル
その他の成分の効果・効能・栄養
イノシトール
EPA(エイコサペンタエン酸)
オレイン酸
カリウム
カプサイシン
カテキン
カゼイン
カルシウム
γ(ガンマ)‐リノレン酸
ギムネマ酸
コラーゲン
コリン
食物繊維
セサミノール
大豆サポニン
多価飽和脂肪酸
タウリン
鉄分
DHA(ドコサヘキサエン酸)
ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
ビタミンE
パントテン酸
ポリフェノール
ビフィズス菌
マグネシウム
リフレ 薔薇の滴
薔薇の滴
リフレ
てまひま堂 にんにく卵黄
にんにく卵黄
てまひま堂

このページのTOPへ

世界有数の長寿国になった日本ですが、生活習慣病患者数や予備軍は、年々増えています。そういった病気の原因と、予防の為に不可欠な「食」の栄養素を解説します。

病気・症状
肩こり・冷え性
便秘
高血圧
動脈硬化
効果のある成分
食物繊維
ビタミンC
カリウム
鉄分
ビタミンB1

気になる健康チェック 未病診断チェックStart 冷え性診断チェックStart