コリンの効果・効能

コリンとは

コリンは、脂肪肝を防ぐ作用があることが発見された、水溶性のビタミンです。文献で調べた結果、下記のような内容が記載していました。

高血圧や動脈硬化を予防などの成人病を予防
コリンは、血管を拡張させて血圧を下げるアセチルコリンという物質の材料になっています。充分なコリンがあれば、高血圧の予防になります。また、コリンは細胞膜を構成するレシチンの材料になります。レシチンは血管壁へのコレステロールの沈着を防いだり、肝臓に脂肪がたまらないようにはたらきますから、肝硬変や動脈硬化の予防になります。

記憶力を高める
この頃忘れっぽくなったと思う人は、コリン不足かもしれません。コリンは脳の記憶形成を助けるはたらきをしています』

コリンにはこんな効果があるんですね。

にんにく卵黄比較ランキング

コリンはこんな人におすすめ

脂肪の摂取量が多い人、脂肪肝・動脈硬化・高血圧を予防したい人

コリンの効果・効能

コリンの効果・効能を、文献で調べてみました。

【動脈硬化】血管壁へのコレステロールの沈着を防ぐ
●コリンが動脈硬化によいわけは?
『コリンは体内でつくられ、細胞膜を構成するレシチンの材料になります。レシチンにはコレステロールが血管壁に沈着するのを防ぐ作用があり、動脈硬化を予防します。レシチンがはたらくためには充分なコリンが必要です。』

●上手に摂取するには?
『体内で合成されますが、食事からもたっぷり補給しましょう。特に低タンパクで脂肪の摂取が多い人は、コリンが不足しがちですから要注意。ただし、鶏卵に関してはコレステロールも多く含んでいますからほどほどに。1日1個を目安にしましょう。』
【脳血管性痴呆】コレステロールの沈着を防ぐ
●コリンが脳血管性痴呆によいわけは?
『コリンは体内で、脂質やリン酸とともにレシチン(ホスファチジルコリン)をつくります。レシチンはコレステロールを乳化して、動脈にたまらないように作用するので、動脈硬化を予防し、脳血管性痴呆が進行するリスクを軽減します。
また、コリンは記憶力に関係する神経伝達物質アセチルコリンの原料でもあります。研究は不十分ですが、コリンを補給することが、加齢にともなう記憶障害の改善につながるのではないかと、期待が寄せられています。』

●上手に摂取するには?
『体内で合成されますが、食事からもたっぷり補給しましょう。特に低タンパクで脂肪の摂取が多い人は、コリンが不足しがちですから要注意。ただし、鶏卵に関してはコレステロールも多く含んでいますからほどほどに。1日1個を目安にしましょう。』
【脂肪肝】肝臓に脂肪がたまりすぎないようにする

コリンを多く含む食品

コリンを多く含む食品ランキング(1日の目標摂取量500〜2,000mg)

  食品名   含有値
1 豚レバー 50g 321mg
2 鶏卵1個 50g 260 mg
3 牛レバー 50g 180mg
4 大豆 30g 85mg
5 ささげ 30g 75mg
6 えんどう豆 30g 70mg
7 牛肉 80g 65mg
8 豚肉 80g 60mg
9 豆腐1/2丁 150g 50mg
10 さつまいも1本 100g 40mg
参考:
病気を治す栄養成分BOOK
からだに効く栄養成分バイブル
その他の成分の効果・効能・栄養
イノシトール
EPA(エイコサペンタエン酸)
オレイン酸
カリウム
カプサイシン
カテキン
カゼイン
カルシウム
γ(ガンマ)‐リノレン酸
ギムネマ酸
コラーゲン
コリン
食物繊維
セサミノール
大豆サポニン
多価飽和脂肪酸
タウリン
鉄分
DHA(ドコサヘキサエン酸)
ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
ビタミンE
パントテン酸
ポリフェノール
ビフィズス菌
マグネシウム
リフレ 薔薇の滴
薔薇の滴
リフレ
てまひま堂 にんにく卵黄
にんにく卵黄
てまひま堂

このページのTOPへ

世界有数の長寿国になった日本ですが、生活習慣病患者数や予備軍は、年々増えています。そういった病気の原因と、予防の為に不可欠な「食」の栄養素を解説します。

病気・症状
肩こり・冷え性
便秘
高血圧
動脈硬化
効果のある成分
食物繊維
ビタミンC
カリウム
鉄分
ビタミンB1

気になる健康チェック 未病診断チェックStart 冷え性診断チェックStart