EPA(エイコサペンタエン酸)の効果・効能

EPA(エイコサペンタエン酸)とは

EPAには、抗血栓、コレステロール低下などの作用により、生活習慣病の予防や改善に効果がある栄養素のようです。文献で調べた結果、下記のような内容が記載していました。

血液をさらさらにして動脈硬化や心筋梗塞を防ぐ
EPAはn‐3系列の多価飽和脂肪酸で、国際的にはIPAという呼び名が一般的です。食品から摂らなければ人間の体内ではつくることができません。植物油などα‐リノレン酸を含む食品を摂取すると、体内ではEPAに変わります。その他に、魚の脂肪に多く含まれ、EPAとしての主な供給源は脂肪の多い魚です。抗血栓、コレステロール低下などの作用により、多くの生活習慣病の予防、改善に効果があることが解明されています。

高脂肪食なのに血栓性疾患が少ないイヌイット
1970年代に行われた調査によれば、イヌイットの脂肪摂取量はエネルギー比で約40% に達しており、かなりの高脂肪食です。そしてそれは、デンマーク人とほぼ同じでした。総コレステロールをみると、イヌイットがデンマーク人の2倍、血中コレステロール値は同程度です。ところが、デンマーク人の死亡原因の40%以上を心筋梗塞が占めるのに対して、イヌイットは動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などの生活習慣病が大幅に少ないことが分かったのです。発症率の高いはずの61歳以上でも、心筋梗塞はわずかでした。そして、その理由としてあげられたのは、イヌイットの食生活の中心となっている魚やアザラシなどから、EPA、DHAを多く摂取していることでした。』

魚を食べることは、生活習慣病の予防に繋がるのですね。日々の食生活に、積極的に魚を取り入れましょう!

にんにく卵黄比較ランキング

EPA(エイコサペンタエン酸)はこんな人におすすめ

血中・血中コレステロール・中性脂肪などが高めの人、アトピー性皮膚炎などアレルギー症状がある人、炎症性疾患がある人、肉や加工食品を多く食べる人

EPA(エイコサペンタエン酸)の効果・効能

EPA(エイコサペンタエン酸)の効果・効能を、文献で調べてみました。

【糖尿病】合併症を解消、予防する
●EPA(エイコサペンタエン酸)が糖尿病によいわけは?
『EPAは血栓を溶解し、血管を拡張します。また、血液中の総コレステロールを低下させ、体によい善玉コレステロールを増加させ、中性脂肪を減らす作用もあり、合併症を解消、予防します。』

●上手に摂取するには?
『青背の魚や、脂肪の多い魚に多く含まれています。刺身で食べるのが一番です。調理したものだと、揚げ物・焼き魚は脂肪が落ちてしまう為、溶け出した脂肪も一緒に食べれる煮魚やスープ、グラタンがおすすめです。
なお、脂肪は酸化しやすいので、新鮮なうちに酸化を防ぐ野菜(きゃべつなど)といっしょに食べましょう。少なくとも、2日に1食は魚を食べるように心がけると良いですね。』
【高脂血症】コレステロール値・中性脂肪値を下げる
●EPA(エイコサペンタエン酸)が高脂血症によいわけは?
『EPAは、血液中の血小板を固まりにくくし、血栓を溶解します。
さらに血液中の悪玉コレステロールを減らし、中性脂肪がふえるのを抑制し、血管を拡張するはたらきがあるので、血液がさらさらになり、流れがよくなります。』

●上手に摂取するには?
『青背の魚や、脂肪の多い魚に多く含まれています。刺身で食べるのが一番です。調理したものだと、揚げ物・焼き魚は脂肪が落ちてしまう為、溶け出した脂肪も一緒に食べれる煮魚やスープ、グラタンがおすすめです。
なお、脂肪は酸化しやすいので、新鮮なうちに酸化を防ぐ野菜(きゃべつなど)といっしょに食べましょう。少なくとも、2日に1食は魚を食べるように心がけると良いですね。』
【高血圧症】血液の流れをよくし、血圧を下げる
●EPA(エイコサペンタエン酸)が高血圧症によいわけは?
『EPAは血液を固まりにくくし、血液の流れをよくする事で知られています。また、血管を拡張するはたらきも認められています。収縮をゆるめた血管で血液がさらさらとスムーズに流れれば、血圧は下がり、高血圧症は改善されます。』

●上手に摂取するには?
『青背の魚や、脂肪の多い魚に多く含まれています。刺身で食べるのが一番です。調理したものだと、揚げ物・焼き魚は脂肪が落ちてしまう為、溶け出した脂肪も一緒に食べれる煮魚やスープ、グラタンがおすすめです。
なお、脂肪は酸化しやすいので、新鮮なうちに酸化を防ぐ野菜(きゃべつなど)といっしょに食べましょう。少なくとも、2日に1食は魚を食べるように心がけると良いですね。』
【胃炎】アルコール性の胃炎を予防
●EPA(エイコサペンタエン酸)が胃炎によいわけは?
『EPAは魚の脂肪に含まれるn‐3系列の多価飽和脂肪酸です。体内で、ホルモン様のはたらきをするプロスタグランジンに変わり、アルコール性の胃炎を予防する効果があります。アラキドン酸にも同様のはたらきがあります。また、アスピリンによる胃炎では、γ(ガンマ)‐リノレン酸(リノール酸からも体内で合成される)→アラキドン酸→プラスタグランジンとなり、胃炎を改善します。』

●上手に摂取するには?
『青背の魚や、脂肪の多い魚に多く含まれています。刺身で食べるのが一番です。調理したものだと、揚げ物・焼き魚は脂肪が落ちてしまう為、溶け出した脂肪も一緒に食べれる煮魚やスープ、グラタンがおすすめです。
なお、脂肪は酸化しやすいので、新鮮なうちに酸化を防ぐ野菜(きゃべつなど)といっしょに食べましょう。少なくとも、2日に1食は魚を食べるように心がけると良いですね。』
【潰瘍性大腸炎】抗炎症作用がある
●EPA(エイコサペンタエン酸)が潰瘍大腸炎によいわけは?
『体内でEPAから合成されるプロスタグランジンやロイコトリエンが炎症を抑えるようにはたらき、潰瘍性大腸炎にともなって起こる下痢に効果を示すことが、臨床試験で報告されています。抗炎症作用はEPAだけでなく、同じn‐3系列脂肪酸に認められています。』

●上手に摂取するには?
『青背の魚や、脂肪の多い魚に多く含まれています。刺身で食べるのが一番です。調理したものだと、揚げ物・焼き魚は脂肪が落ちてしまう為、溶け出した脂肪も一緒に食べれる煮魚やスープ、グラタンがおすすめです。
なお、脂肪は酸化しやすいので、新鮮なうちに酸化を防ぐ野菜(きゃべつなど)といっしょに食べましょう。少なくとも、2日に1食は魚を食べるように心がけると良いですね。』
【腎炎】炎症の改善に役立つ
●EPA(エイコサペンタエン酸)が腎炎によいわけは?
『炎症はプロスタグランジン、ロイコトリエンといった化学物質によって引き起こされますが、EPAはこれらの生成を変更させる作用があり、炎症を減少させます。つまり、腎臓の炎症にも効果があると考えられています。』

●上手に摂取するには?
『青背の魚や、脂肪の多い魚に多く含まれています。刺身で食べるのが一番です。調理したものだと、揚げ物・焼き魚は脂肪が落ちてしまう為、溶け出した脂肪も一緒に食べれる煮魚やスープ、グラタンがおすすめです。
なお、脂肪は酸化しやすいので、新鮮なうちに酸化を防ぐ野菜(きゃべつなど)といっしょに食べましょう。少なくとも、2日に1食は魚を食べるように心がけると良いですね。』
【ネフローゼ症候群】炎症を軽減させる
●EPA(エイコサペンタエン酸)がネフローゼ症候群によいわけは?
『動物実験ですが、魚油がネフローゼ症候群を改善したり、腎臓保護に有効に作用することが報告されています。また、n‐3系列脂肪酸(EPAなど)と、n‐6系列脂肪酸(リノール酸など)の配合が1対3の食用油を摂取すると、腎臓の保護にはたらくという報告もあります。EPAが、炎症を起こす化学物質の産生を変え、症状が減少すると考えられています。』

●上手に摂取するには?
『青背の魚や、脂肪の多い魚に多く含まれています。刺身で食べるのが一番です。調理したものだと、揚げ物・焼き魚は脂肪が落ちてしまう為、溶け出した脂肪も一緒に食べれる煮魚やスープ、グラタンがおすすめです。
なお、脂肪は酸化しやすいので、新鮮なうちに酸化を防ぐ野菜(きゃべつなど)といっしょに食べましょう。少なくとも、2日に1食は魚を食べるように心がけると良いですね。』
【動脈硬化症】血栓を防ぎ、血液の流れをよくする
●EPA(エイコサペンタエン酸)が動脈硬化症によいわけは?
『EPAは血小板の凝集を抑えて血液をさらさらにする、血栓を溶解する、血管を拡張するなどの作用で知られています。
また、血液中の中性脂肪を減らし、血管の中を血液がスムーズに流れるようにはたらきます。これらの作用はイヌイットの調査や日本の漁村に動脈硬化が少ないことで明らかにされました。』

●上手に摂取するには?
『青背の魚や、脂肪の多い魚に多く含まれています。刺身で食べるのが一番です。
調理したものだと、揚げ物・焼き魚は脂肪が落ちてしまう為、溶け出した脂肪も一緒に食べれる煮魚やスープ、グラタンがおすすめです。
なお、脂肪は酸化しやすいので、新鮮なうちに酸化を防ぐ野菜(きゃべつなど)といっしょに食べましょう。少なくとも、2日に1食は魚を食べるように心がけると良いですね。』
【腎不全】高脂血症をともなう腎不全に有効
●EPA(エイコサペンタエン酸)が腎不全によいわけは?
『腎不全で透析治療を受けている人には動脈硬化症が非常に多くみられます。こうした透析患者に、魚油に含まれるEPAが有益であるという報告があります。EPAの血液の流れをよくする作用は、腎不全の危険因子の予防にも有望であると考えられています。』

●上手に摂取するには?
『青背の魚や、脂肪の多い魚に多く含まれています。刺身で食べるのが一番です。調理したものだと、揚げ物・焼き魚は脂肪が落ちてしまう為、溶け出した脂肪も一緒に食べれる煮魚やスープ、グラタンがおすすめです。
なお、脂肪は酸化しやすいので、新鮮なうちに酸化を防ぐ野菜(きゃべつなど)といっしょに食べましょう。少なくとも、2日に1食は魚を食べるように心がけると良いですね。』
【脳血管障害】血栓を溶解させ、血管を拡張する
●EPA(エイコサペンタエン酸)が脳血管障害によいわけは?
『EPAは魚に含まれるn‐3系列の多価飽和脂肪酸です。血液中の血栓の溶解、血管の拡張により、血液の流れをよくして脳血管障害を予防し、再発を防ぎます。疫学調査でも、EPAの摂取量の多いイヌイットに脳梗塞が少ないことや、魚をよく食べる日本の漁民の血小板が凝集しにくいことが確認されています。』

●上手に摂取するには?
『青背の魚や、脂肪の多い魚に多く含まれています。刺身で食べるのが一番です。調理したものだと、揚げ物・焼き魚は脂肪が落ちてしまう為、溶け出した脂肪も一緒に食べれる煮魚やスープ、グラタンがおすすめです。
なお、脂肪は酸化しやすいので、新鮮なうちに酸化を防ぐ野菜(きゃべつなど)といっしょに食べましょう。少なくとも、2日に1食は魚を食べるように心がけると良いですね。』
【変形性膝関節症】抗炎症作用が痛みを緩和
●EPA(エイコサペンタエン酸)が変形性膝関節症によいわけは?
『EPAは、体内でホルモン様のはたらきをするプロスタグランジンに変わります。プロスタグランジンには各種あり、生体調整機能もさまざまですが、EPAから出来るものには抗炎症作用があります。変形性関節症の患者に薬物治療だけでなく、魚の脂も加えることで、関節炎の痛みをやわらげる効果が得られたと報告されています。膝関節、股関節いずれの場合も効果が期待されます。』

●上手に摂取するには?
『青背の魚や、脂肪の多い魚に多く含まれています。刺身で食べるのが一番です。調理したものだと、揚げ物・焼き魚は脂肪が落ちてしまう為、溶け出した脂肪も一緒に食べれる煮魚やスープ、グラタンがおすすめです。
なお、脂肪は酸化しやすいので、新鮮なうちに酸化を防ぐ野菜(きゃべつなど)といっしょに食べましょう。少なくとも、2日に1食は魚を食べるように心がけると良いですね。』
【気管支ぜんそく】気道の炎症を改善する
●EPA(エイコサペンタエン酸)が気管支ぜんそくによいわけは?
『気管支ぜんそくは、気管支の粘膜が慢性的な炎症の状態にあるために起こる病気です。この炎症が強いほど、気管支が刺激に反応しやすく、症状が重くなります。EPAには難治性のぜんそくに著しい効果を発揮したと報告されています。』

●上手に摂取するには?
『青背の魚や、脂肪の多い魚に多く含まれています。刺身で食べるのが一番です。調理したものだと、揚げ物・焼き魚は脂肪が落ちてしまう為、溶け出した脂肪も一緒に食べれる煮魚やスープ、グラタンがおすすめです。
なお、脂肪は酸化しやすいので、新鮮なうちに酸化を防ぐ野菜(きゃべつなど)といっしょに食べましょう。少なくとも、2日に1食は魚を食べるように心がけると良いですね。』
【慢性関節リウマチ】炎症をしずめる
●EPA(エイコサペンタエン酸)が慢性関節リウマチによいわけは?
『体内ではプロスタグランジンというホルモン様の物質が、各種の生体機能の調節にはたらいています。プロスタグランジンは、魚の脂肪であるEPAからも、肉に多いアラキドン酸からもつくられます。
しかし、EPAの多い食事は炎症をしずめ、アラキドン酸の多い食事は炎症を進行させます。これは、体内でつくられたプロスタグランジンの種類が違うためです。』

●上手に摂取するには?
『青背の魚や、脂肪の多い魚に多く含まれています。刺身で食べるのが一番です。調理したものだと、揚げ物・焼き魚は脂肪が落ちてしまう為、溶け出した脂肪も一緒に食べれる煮魚やスープ、グラタンがおすすめです。
なお、脂肪は酸化しやすいので、新鮮なうちに酸化を防ぐ野菜(きゃべつなど)といっしょに食べましょう。少なくとも、2日に1食は魚を食べるように心がけると良いですね。』
【虚血性心疾患】血液の流れをよくする
●EPA(エイコサペンタエン酸)が虚血性心疾患によいわけは?
『EPAはn‐3系列の多価飽和脂肪酸の一つ。魚介に多く含まれます。EPAが虚血性心疾患を防ぐはたらきのあることは、イヌイットや日本の調査でも明らかで、血栓を溶解、血管を拡張します。このはたらきはDHAより強いといわれています。スムーズな血流は動脈硬化を防ぎ、心筋梗塞を予防します。』

●上手に摂取するには?
『青背の魚や、脂肪の多い魚に多く含まれています。刺身で食べるのが一番です。調理したものだと、揚げ物・焼き魚は脂肪が落ちてしまう為、溶け出した脂肪も一緒に食べれる煮魚やスープ、グラタンがおすすめです。
なお、脂肪は酸化しやすいので、新鮮なうちに酸化を防ぐ野菜(きゃべつなど)といっしょに食べましょう。少なくとも、2日に1食は魚を食べるように心がけると良いですね。』
【耳鳴り・難聴】神経組織の機能を強化する
●EPA(エイコサペンタエン酸)が耳鳴り・難聴によいわけは?
『EPAは、血管を拡張して血液を固まりにくくする作用があり、脳や耳の血行が悪いために起こる耳鳴りや難聴の予防に役立ちます。
血液の凝固を抑える作用は、DHAよりEPAのほうが強いといわれています。』

●上手に摂取するには?
『青背の魚や、脂肪の多い魚に多く含まれています。刺身で食べるのが一番です。調理したものだと、揚げ物・焼き魚は脂肪が落ちてしまう為、溶け出した脂肪も一緒に食べれる煮魚やスープ、グラタンがおすすめです。
なお、脂肪は酸化しやすいので、新鮮なうちに酸化を防ぐ野菜(きゃべつなど)といっしょに食べましょう。少なくとも、2日に1食は魚を食べるように心がけると良いですね。』
【アトピー性皮膚炎】体質を改善させて予防する
●EPA(エイコサペンタエン酸)がアトピー性皮膚炎の炎症を抑制させるわけは?
『魚の脂肪に多く含まれるEPAは、アトピー性皮膚炎のかゆみや発疹の改善に効果を発揮します。魚の脂肪に多く、また、α‐リノレン酸を含む植物油を摂取すると、体内でEPAに変わり、過剰なアラキドン酸を抑制してアレルギー発症を抑えます。』

●上手に摂取するには?
『青背の魚や、脂肪の多い魚に多く含まれています。刺身で食べるのが一番です。調理したものだと、揚げ物・焼き魚は脂肪が落ちてしまう為、溶け出した脂肪も一緒に食べれる煮魚やスープ、グラタンがおすすめです。
なお、脂肪は酸化しやすいので、新鮮なうちに酸化を防ぐ野菜(きゃべつなど)といっしょに食べましょう。少なくとも、2日に1食は魚を食べるように心がけると良いですね。』
【乾癬(かんせん)】炎症を改善する作用がある
●EPA(エイコサペンタエン酸)が乾癬によいわけは?
『乾癬は、境界のはっきりした鮮紅色の斑が皮膚から盛り上がり、その表面に鱗屑(りんせつ。ふけのような皮膚片)がついた皮膚の病気です。EPAは、毛細血管の血行をよくして、乾癬の症状改善に効果を発揮します。』

●上手に摂取するには?
『青背の魚や、脂肪の多い魚に多く含まれています。刺身で食べるのが一番です。調理したものだと、揚げ物・焼き魚は脂肪が落ちてしまう為、溶け出した脂肪も一緒に食べれる煮魚やスープ、グラタンがおすすめです。
なお、脂肪は酸化しやすいので、新鮮なうちに酸化を防ぐ野菜(きゃべつなど)といっしょに食べましょう。少なくとも、2日に1食は魚を食べるように心がけると良いですね。』
【痴呆症】中性脂肪・コレステロールを減らす
●EPA(エイコサペンタエン酸)が痴呆症によいわけは?
『EPAには、血液中の血小板の凝集を抑制し、血液中の血栓を溶解させ、血管を拡張する作用が認められています。
こうした作用が血液の流れをよくして脳血管障害を起こりにくくし、痴呆症の発症や進展を予防します。疫学調査でも、血液中のEPA濃度が高い漁村に、脳血管性痴呆が少ないことが報告されています。』

●上手に摂取するには?
『青背の魚や、脂肪の多い魚に多く含まれています。刺身で食べるのが一番です。調理したものだと、揚げ物・焼き魚は脂肪が落ちてしまう為、溶け出した脂肪も一緒に食べれる煮魚やスープ、グラタンがおすすめです。
なお、脂肪は酸化しやすいので、新鮮なうちに酸化を防ぐ野菜(きゃべつなど)といっしょに食べましょう。少なくとも、2日に1食は魚を食べるように心がけると良いですね。』

EPA(エイコサペンタエン酸)を多く含む食品

  • 青背の魚
    はまち、ぶり、まいわし、さば、さんま、あじ、かつお、にしん
  • 脂肪の多い魚
    まぐろ(とろ)、きちじ(きんき)、うなぎ

EPA(エイコサペンタエン酸)を多く含む食品ランキング

  食品名   含有値
1 はまち(養殖) 80g 1.2g
2 きんき 80g 1.2g
3 まいわし 80g 1.1g
4 さば 80g 1.0g
5 うなぎ蒲焼1串 100g 0.9g
6 さんま 100g 0.8g
7 まだい 70g 0.8g
8 ぶり 80g 0.7g
9 ほんまぐろ(とろ) 50g 0.7g
10 このしろ 80g 0.6g
参考:
病気を治す栄養成分BOOK
からだに効く栄養成分バイブル
その他の成分の効果・効能・栄養
イノシトール
EPA(エイコサペンタエン酸)
オレイン酸
カリウム
カプサイシン
カテキン
カゼイン
カルシウム
γ(ガンマ)‐リノレン酸
ギムネマ酸
コラーゲン
コリン
食物繊維
セサミノール
大豆サポニン
多価飽和脂肪酸
タウリン
鉄分
DHA(ドコサヘキサエン酸)
ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
ビタミンE
パントテン酸
ポリフェノール
ビフィズス菌
マグネシウム
リフレ 薔薇の滴
薔薇の滴
リフレ
てまひま堂 にんにく卵黄
にんにく卵黄
てまひま堂

このページのTOPへ

世界有数の長寿国になった日本ですが、生活習慣病患者数や予備軍は、年々増えています。そういった病気の原因と、予防の為に不可欠な「食」の栄養素を解説します。

病気・症状
肩こり・冷え性
便秘
高血圧
動脈硬化
効果のある成分
食物繊維
ビタミンC
カリウム
鉄分
ビタミンB1

気になる健康チェック 未病診断チェックStart 冷え性診断チェックStart