ビタミンB2の効果・効能

ビタミンB2とは

ビタミンB2は、成長に欠かせない水溶性のビタミンで、リボフラビンといいます。日本人の中には不足気味の人がおり、過酸化脂質の害から体をまもる作用がある栄養素という事です。文献で調べた結果、下記のような内容が記載していました。

成長を促進する
ビタミンB2は細胞の再生やエネルギーの代謝を促します。健康な皮膚や髪、爪をつくり、成長を促進します。不足すると成長が止まってしまいます。栄養素の中でも脂質は多くのエネルギーを生み出しますが、それだけ脂質の代謝にはたらくB2も余計に必要です。脂質のとり方が多いほど不足しがちになります。B2不足で脂質の代謝がうまくいかないと、脂質がエネルギー源として利用されにくくなります。

口内炎はB2不足
B2欠乏でまず症状があらわれるのは、唇や舌、目などの粘膜のところです。口内炎や口角炎がよくできる、目が充血してゴロゴロするといった人は、B2不足かもしれません。肌荒れ、髪のトラブルを起こしやすい人も気をつけましょう。

毎日摂取が必要
体内にためておけないので毎日とります。B2が豊富なのは動物性食品です。動物性食品をあまり食べない人、ストレスの多い人、脂質の摂取量が多い人などは、不足に気をつけましょう。多めにとっても副作用の心配はありません。糖尿病の人は糖質の代謝だけでなく脂質の代謝もうまくいかなくなるので、B2をたっぷりとって脂質の利用を促しましょう。』

にんにく卵黄比較ランキング

ビタミンB2はこんな人におすすめ

脂肪の摂取量が多い人、妊婦、授乳婦、小児、がん・動脈硬化・白内障を予防したい人、 ダイエットしたい人、口内炎・舌炎・口唇炎・糖尿病・脂肪肝の人

ビタミンB2の効果・効能

ビタミンB2の効果・効能を、文献で調べてみました。

【肥満】脂質の代謝を促進する
●ビタミンB2が肥満によいわけは?
『体重を減らすためには、体内に入った脂質を上手に代謝する必要がありますが、ビタミンB2は、その脂質の代謝を進めるはたらきをするビタミンです。また、細胞の再生に関わり、健康は皮膚や髪、爪をつくるので、体重は落ちたけれど皮膚にはりがなくなってやつれた感じになった、といった状態を防ぎます。』

●上手に摂取するには?
『ビタミンB2は、B1同様に日本人に不足しがちなビタミンです。B群のビタミンはとりだめがきかないので、毎日とるように心がけます。多くとりすぎても余分は排泄されるので、心配はいりません。』
【かぜ症候群】エネルギーの生産を促す
●ビタミンB2がかぜ症候群によいわけは?
『ビタミンB2は、体内で脂質や糖質をエネルギーとして利用する作用に関わっています。また、免疫力を高め、細胞の再生を促進し、胃や腸の調子を整えて消化力を高めるはたらきもあります。』

●上手に摂取するには?
『レバーや魚、乳製品など、B2を含む食品を多く食べるようにします。植物性の食品では、納豆、アーモンド、マッシュルームに多く含まれています。脂肪や糖分の多い食生活をしていると、ビタミンB2が多く消費されて、不足しがちになります。こういった傾向のある人は、特に補給を心がけましょう。』
【肺炎】全身の体力をつける
●ビタミンB2が肺炎によいわけは?
『ビタミンB2には、全身の体力をつけ、体のバランスを保つはたらきがあります。エネルギーの生産に関与する、脂肪酸やタンパク質の合成にはたらく、免疫機能を高める、神経系のはたらきを助ける、皮膚や粘膜を健康にするなど、その作用は多岐にわたります。』

●上手に摂取するには?
『肉や魚など、動物性の食品に多く含まれています。良質のタンパク質の供給源でもあるので、きちんと食べるようにします。植物性の食品では納豆に多く、マッシュルームなおのきのこ類、のりにも比較的多く含まれています。』
【肌のトラブル】肌の乾燥、にきびを予防する
●ビタミンB2が皮膚によいわけは?
『ビタミンB2は、皮膚の分泌を調整して肌を健康に保つ作用があります。B2が欠乏すると、脂性の肌となり、吹き出物やにきびが出やすくなります。特に、鼻や耳の周辺、陰部などに脂肪のプツプツができる脂漏性皮膚炎の治療に、B2は硬化を発揮します。』

●上手に摂取するには?
『牛乳から分離されたビタミンなので、ヨーグルト、チーズなどの乳製品からとると効果的です。牛乳や卵、納豆はそのまま摂取できるので最適。朝の食卓に目玉焼きと納豆2分の1パックがあれば、1日の所要量の半分ほどとれます。』
【口角炎】炎症をやわらげる
●ビタミンB2が口角炎によいわけは?
『ビタミンB2が不足すると、皮膚と皮膚の堺から粘膜までが炎症を起こすことが明らかです。牛乳が嫌いだったり、飲む量が極端に少ないと、B2が不足して口角炎にかかったという例も報告されています。B2の充分な補給が炎症をやわらげ、治療に役立ちます。』

●上手に摂取するには?
『体内でためておけないので、毎日とります。B2が多く含まれるのは動物性食品。菜食主義の人は、B2が不足しがちですから、牛乳、卵、納豆などで補給するようにしましょう。魚は身より皮に含まれるので無駄なく利用します。』
【疲れ目】目のさまざまな症状に効果がある
●ビタミンB2が疲れ目によいわけは?
『ビタミンB2は、目の機能を活発にし、目の粘膜を正常にするはたらきをします。それほど強くない光でもまぶしく感じたり、目がかさかさする、かゆい、ごろごろする、かすむ、暗くなると見えにくい、といった症状には、ビタミンB2をとると効果があります。』

●上手に摂取するには?
『脂質や糖質をたくさん摂取すると、代謝に関与するビタミンB2が多く消費されて、不足しがちになります。生活習慣病の原因にもなるので、脂質や糖質をとりすぎないようにし、バランスのよい食生活を心がけます。』
【目の充血】目のさまざまな症状に効果がある
●ビタミンB2が目の充血によいわけは?
『充血をはじめ、目のかゆみ、かさつき、痛み、弱い光でも眩しい、物がかすんで見えるといった目の様々な症状に効果があるのが、ビタミンB2です。B2をとることで、症状が改善されます。』

●上手に摂取するには?
『ビタミンB2は、おもに動物性の食品に含まれるビタミンです。植物性の食品では、納豆に多く含まれます。一人暮らしの若い人など、糖質や脂肪分に偏った食生活をしていると、不足することがよくあります。ファーストフードやスナック菓子を食べすぎず、さまざまな食品をバランスよく食べましょう。』
【白内障】白内障の予防に有効
●ビタミンB2が白内障の予防によいわけは?
『ビタミンB2は、粘膜を保護するはたらきがあり、欠乏すると目が充血してゴロゴロしたり、弱い光でもまぶしく感じたりする症状があらわれ、老人性白内障になりやすくなります。またB2は、糖質の代謝に関わるだけでなく、脂質の代謝を促進する作用もあるので、糖尿病性白内障の予防に役立ちます。』

●上手に摂取するには?
『レバー、牛乳、卵、納豆、貝類などに多く含まれ、多めにとっても副作用の心配はありませんが、糖尿病の人は高エネルギーにならないように注意します。』

ビタミンB2を多く含む食品

  • 肉類
    豚レバー、牛レバー、鶏レバー、豚肩肉(脂肪なし)、牛ヒレ肉、ハム(ショルダー)
  • 魚介類
    うなぎ蒲焼き、どじょう、かれい、ぶり、いわし、さわら、さんま、あいなめ など
  • 卵・乳類
    牛乳、ヨーグルト、卵
  • その他
    納豆、アーモンド、モロヘイヤ、アボガド、まいたけ、菜の花 など

ビタミンB2を多く含む食品ランキング (1日の推奨量1.2〜1.6mg)

  食品名   含有値
1 やつめうなぎ 50g 3.0mg
2 豚レバー 50g 1.8mg
3 牛レバー 50g 1.5mg
4 鶏レバー 50g 0.9mg
5 うなぎ蒲焼き 100g 0.74mg
6 さば 80g 0.43mg
7 かれい 100g 0.4mg
8 子持ちかれい 100g 0.35mg
9 さんま 100g 0.33mg
10 どじょう5尾 40g 0.32mg
ビタミンB2をバランス良く摂りましょう
栄養成分のバランスを意識して食事を摂るのは、なかなか難しいですよね。
であれば、漢方の考え方に基づいて作られた健康茶で、体のバランスの調整をしてみてはいかがでしょうか。ビタミンB2を含む、高麗人参・ハトムギ・クコの実・熊笹なども入っています。
健康茶比較ランキングはコチラ
参考:
病気を治す栄養成分BOOK
からだに効く栄養成分バイブル
その他の成分の効果・効能・栄養
イノシトール
EPA(エイコサペンタエン酸)
オレイン酸
カリウム
カプサイシン
カテキン
カゼイン
カルシウム
γ(ガンマ)‐リノレン酸
ギムネマ酸
コラーゲン
コリン
食物繊維
セサミノール
大豆サポニン
多価飽和脂肪酸
タウリン
鉄分
DHA(ドコサヘキサエン酸)
ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
ビタミンE
パントテン酸
ポリフェノール
ビフィズス菌
マグネシウム
リフレ 薔薇の滴
薔薇の滴
リフレ
てまひま堂 にんにく卵黄
にんにく卵黄
てまひま堂

このページのTOPへ

世界有数の長寿国になった日本ですが、生活習慣病患者数や予備軍は、年々増えています。そういった病気の原因と、予防の為に不可欠な「食」の栄養素を解説します。

病気・症状
肩こり・冷え性
便秘
高血圧
動脈硬化
効果のある成分
食物繊維
ビタミンC
カリウム
鉄分
ビタミンB1

気になる健康チェック 未病診断チェックStart 冷え性診断チェックStart