ビタミンCの効果・効能

ビタミンCとは

ビタミンCには、体内でコラーゲンの生成にはたらき、血管や皮膚、粘膜、骨を強くするような作用があり、また、かぜやがんを予防するはたらきをする栄養素という事です。文献で調べた結果、下記のような内容が記載されていました。

コラーゲンでからだを強化
ビタミンC欠乏症の壊血病は、出血がおこる病気です。これは、Cがコラーゲンの生成に不可欠だからです。コラーゲンは細胞の接着剤として丈夫な血管、各種器官、筋肉を作ります。コラーゲンが細胞をしっかり固めれば、かぜのウイルスも容易に侵入できません。Cが不足すると、壊血病にならないまでも、肌のはりが失われ、かぜをひきやすく、さまざまな病気に侵されやすいからだになってしまいます。

免疫力を高める
Cがかぜに良いもう一つの理由は、免疫力の強化です。ウイルスを迎え討つ免疫活動の主力メンバーである白血球の働きを強化したり、自らもウイルスに攻撃をしかけるなど、攻めと守りの両面でからだを守ります。免疫力が高まれば、かぜをひきにくく、回復も早まります。

注目の抗がん作用
ビタミンCは、細胞に強力なコラーゲンの網をはりめぐらせて、がんを防ぎます。さらに、胃がんや肝臓がんを引き起こす発がん物質ニトロソアミンの生成を抑制します。また、抗がん剤として知られているインターフェロモンは、もともとは人の体内でつくられるものですが、この生成を促進するのもビタミンCです。

効果的なとり方
2〜3時間で排泄されるので、3食できちんととりましょう。過敏症の心配はありません。ビタミン剤で1日に10g以上ものCをとると、下痢や嘔吐をすることがあります。これは、一過性のもので過剰症ではありませんが、気をつけましょう。健康のために多くとる場合は、からだが驚かないように、徐々にとる量を増やします。』

にんにく卵黄比較ランキング

ビタミンCはこんな人におすすめ

妊婦、授乳婦、しみの気になる人、貧血気味の人、歯ぐきから出血しやすい人、よく風邪をひく人、喫煙者、ストレスの多い人、がん・老人性白内障を予防したい人

ビタミンC の効果・効能

ビタミンCの効果・効能を、文献で調べてみました。

虚血性心疾患】血管の効果を防ぎ、若々しさを保つ
●ビタミンC・Eが虚血性心疾患によいわけは?
『 Eは血液の流れをよくして血管の若さを保ちます。実際、心臓病患者への投与で改善をみています。Cは抗酸化作用によって血管の老化や動脈硬化を防ぎ、血管壁を強化する作用が認められています。EもCもそれぞれ抗酸化作用で心臓を守りますが、併せて取ると、その働きはぐんと高まります。』

●上手に摂取するには?
『Eが多い種実類や植物油は、エネルギーが高いので摂り過ぎに注意。Cは酸化されやすいので、果物も切ったらすぐに食べましょう。Cが効率よく摂れるのは、いも類。野菜は加熱調理などで半分以下になるので、手早い炒め物などがおすすめです。
摂取後、2〜3時間で排泄されるので3食できちんととります。Cの豊富な野菜や果物には、食物繊維をはじめ、血圧を抑えるC以外の成分も含まれています。錠剤より食品でとるのがベストです。
ビタミンCは、水に溶け、熱や空気中の酸素によって破壊されやすいので、野菜を調理するときは、水にさらすのを短時間にとどめ、加熱時間も短くします。新鮮な野菜なら損失の心配はありません。摂りすぎても問題はないので、多めに取るようにしましょう。 』
痴呆症】高血圧を改善する
●ビタミンCが痴呆症によいわけは?
『ビタミンCには、脳血管障害の危険因子である高血圧を正常な状態にもどす働きがあります。疫学調査でも、ビタミンCの多い野菜や果物をよく食べる人ほど高血圧が少ないことが分かっています。血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす作用も、動脈硬化を予防し、痴呆症の危険性を遠ざけるものです。』

●上手に摂取するには?
『Eが多い種実類や植物油は、エネルギーが高いので摂り過ぎに注意。Cは酸化されやすいので、果物も切ったらすぐに食べましょう。Cが効率よく摂れるのは、いも類。野菜は加熱調理などで半分以下になるので、手早い炒め物などがおすすめです。
摂取後、2〜3時間で排泄されるので3食できちんととります。Cの豊富な野菜や果物には、食物繊維をはじめ、血圧を抑えるC以外の成分も含まれています。錠剤より食品でとるのがベストです。
ビタミンCは、水に溶け、熱や空気中の酸素によって破壊されやすいので、野菜を調理するときは、水にさらすのを短時間にとどめ、加熱時間も短くします。新鮮な野菜なら損失の心配はありません。摂りすぎても問題はないので、多めに取るようにしましょう。 』
がん予防】発がん物質の生成を抑制する
●ビタミンCががん予防によいわけは?
『ビタミンCは、発がん物質が体内で生成されるのを抑えて、がんを予防します。特に発がん性の高いニトロソアミンの抑制に有効で、胃がんや肝臓がんなどの予防に効果があります。また、腸内細菌によってできる発がん物質の生成を抑制するはたらきもあります。』

●上手に摂取するには?
『Eが多い種実類や植物油は、エネルギーが高いので摂り過ぎに注意。Cは酸化されやすいので、果物も切ったらすぐに食べましょう。Cが効率よく摂れるのは、いも類。野菜は加熱調理などで半分以下になるので、手早い炒め物などがおすすめです。 摂取後、2〜3時間で排泄されるので3食できちんととります。Cの豊富な野菜や果物には、食物繊維をはじめ、血圧を抑えるC以外の成分も含まれています。錠剤より食品でとるのがベストです。 ビタミンCは、水に溶け、熱や空気中の酸素によって破壊されやすいので、野菜を調理するときは、水にさらすのを短時間にとどめ、加熱時間も短くします。新鮮な野菜なら損失の心配はありません。摂りすぎても問題はないので、多めに取るようにしましょう。 』
肥満】免疫力を高める
●ビタミンCが肥満によいわけは?
『ビタミンCには、コラーゲンの生成を促進して細胞、皮膚、毛細血管などを丈夫にしたり、鉄や銅の吸収を促したり、免疫力を高めるなどの働きがあり、体を円滑に機能させ、エネルギー制限にともなって体力が落ちるのを防ぎます。 また、肥満気味の人は、コレステロール値が高くなりがちですが、ビタミンCはコレステロールの代謝に効果があり、コレステロール値の上昇を防ぎます。 』

●上手に摂取するには?
『Eが多い種実類や植物油は、エネルギーが高いので摂り過ぎに注意。Cは酸化されやすいので、果物も切ったらすぐに食べましょう。Cが効率よく摂れるのは、いも類。野菜は加熱調理などで半分以下になるので、手早い炒め物などがおすすめです。 摂取後、2〜3時間で排泄されるので3食できちんととります。Cの豊富な野菜や果物には、食物繊維をはじめ、血圧を抑えるC以外の成分も含まれています。錠剤より食品でとるのがベストです。 ビタミンCは、水に溶け、熱や空気中の酸素によって破壊されやすいので、野菜を調理するときは、水にさらすのを短時間にとどめ、加熱時間も短くします。新鮮な野菜なら損失の心配はありません。摂りすぎても問題はないので、多めに取るようにしましょう。 』
食道性脈癌】血管の結合組織を丈夫にする
●ビタミンCが食道性脈癌によいわけは?
『ビタミンCは、細胞の結合組織であるコラーゲンの合成にはたらいています。結合組織がしっかりしていれば、血管も破れにくく丈夫になるので、出血性の病気には不足させたくないビタミンです。』

●上手に摂取するには?
『Eが多い種実類や植物油は、エネルギーが高いので摂り過ぎに注意。Cは酸化されやすいので、果物も切ったらすぐに食べましょう。Cが効率よく摂れるのは、いも類。野菜は加熱調理などで半分以下になるので、手早い炒め物などがおすすめです。 摂取後、2〜3時間で排泄されるので3食できちんととります。Cの豊富な野菜や果物には、食物繊維をはじめ、血圧を抑えるC以外の成分も含まれています。錠剤より食品でとるのがベストです。 ビタミンCは、水に溶け、熱や空気中の酸素によって破壊されやすいので、野菜を調理するときは、水にさらすのを短時間にとどめ、加熱時間も短くします。新鮮な野菜なら損失の心配はありません。摂りすぎても問題はないので、多めに取るようにしましょう。 』
過敏性腸症候群】抗ストレス作用のあるビタミン
●ビタミンCが過敏性腸症候群によいわけは?
『ストレスを受けると体は抗ストレスホルモンを分泌し、ストレスに対応する準備を整えます、ビタミンCは副腎のはたらきを高め、このホルモンの合成に必須です。精神的ストレスが影響する過敏性腸症候群では、ストレスに強くなることが大切なので、充分とりたい栄養成分です。 』

●上手に摂取するには?
『Eが多い種実類や植物油は、エネルギーが高いので摂り過ぎに注意。Cは酸化されやすいので、果物も切ったらすぐに食べましょう。Cが効率よく摂れるのは、いも類。野菜は加熱調理などで半分以下になるので、手早い炒め物などがおすすめです。 摂取後、2〜3時間で排泄されるので3食できちんととります。Cの豊富な野菜や果物には、食物繊維をはじめ、血圧を抑えるC以外の成分も含まれています。錠剤より食品でとるのがベストです。 ビタミンCは、水に溶け、熱や空気中の酸素によって破壊されやすいので、野菜を調理するときは、水にさらすのを短時間にとどめ、加熱時間も短くします。新鮮な野菜なら損失の心配はありません。摂りすぎても問題はないので、多めに取るようにしましょう。 』
肝炎】抗ウイルス作用がある
●ビタミンCが肝炎によいわけは?
『ビタミンCには、生体内で免疫応答を調節しているインターフェロンの生成を高める働きがあります。インターフェロモンは、細胞内でウイルスが増殖するのを抑制するようにはたらきます。したがって、ビタミンCを充分に摂取すると、ウイルス性肝炎を予防し、回復にも力を貸してくれると考えられます。』

●上手に摂取するには?
『Eが多い種実類や植物油は、エネルギーが高いので摂り過ぎに注意。Cは酸化されやすいので、果物も切ったらすぐに食べましょう。Cが効率よく摂れるのは、いも類。野菜は加熱調理などで半分以下になるので、手早い炒め物などがおすすめです。 摂取後、2〜3時間で排泄されるので3食できちんととります。Cの豊富な野菜や果物には、食物繊維をはじめ、血圧を抑えるC以外の成分も含まれています。錠剤より食品でとるのがベストです。 ビタミンCは、水に溶け、熱や空気中の酸素によって破壊されやすいので、野菜を調理するときは、水にさらすのを短時間にとどめ、加熱時間も短くします。新鮮な野菜なら損失の心配はありません。摂りすぎても問題はないので、多めに取るようにしましょう。 』
胆石症】胆汁酸の合成に不可欠
●ビタミンCが胆石症によいわけは?
『余分なコレステロールは、胆汁酸の原料となり、胆汁の成分として再利用されたあと排泄されます。ところが、ビタミンCが不足すると胆汁酸の合成が滞り、血液中にコレステロールがたまってきます。以上のことから、胆石症の予防に充分なビタミンCの摂取は欠かせません。』

●上手に摂取するには?
『Eが多い種実類や植物油は、エネルギーが高いので摂り過ぎに注意。Cは酸化されやすいので、果物も切ったらすぐに食べましょう。Cが効率よく摂れるのは、いも類。野菜は加熱調理などで半分以下になるので、手早い炒め物などがおすすめです。 摂取後、2〜3時間で排泄されるので3食できちんととります。Cの豊富な野菜や果物には、食物繊維をはじめ、血圧を抑えるC以外の成分も含まれています。錠剤より食品でとるのがベストです。 ビタミンCは、水に溶け、熱や空気中の酸素によって破壊されやすいので、野菜を調理するときは、水にさらすのを短時間にとどめ、加熱時間も短くします。新鮮な野菜なら損失の心配はありません。摂りすぎても問題はないので、多めに取るようにしましょう。』
】コラーゲン生成にはたらく
●ビタミンCが痔によいわけは?
血管が破れず弾力性に富んでいるのは、コラーゲンという繊維状のたんぱく質が血管の細胞と細胞を結び付けているからです。ビタミンCはコラーゲンの生成にはたらくことで、腸壁や血管を強化し、再生力を高めるので、痔の予防、改善に役立ちます。

●上手に摂取するには?
『Eが多い種実類や植物油は、エネルギーが高いので摂り過ぎに注意。Cは酸化されやすいので、果物も切ったらすぐに食べましょう。Cが効率よく摂れるのは、いも類。野菜は加熱調理などで半分以下になるので、手早い炒め物などがおすすめです。
摂取後、2〜3時間で排泄されるので3食できちんととります。Cの豊富な野菜や果物には、食物繊維をはじめ、血圧を抑えるC以外の成分も含まれています。錠剤より食品でとるのがベストです。
ビタミンCは、水に溶け、熱や空気中の酸素によって破壊されやすいので、野菜を調理するときは、水にさらすのを短時間にとどめ、加熱時間も短くします。新鮮な野菜なら損失の心配はありません。摂りすぎても問題はないので、多めに取るようにしましょう。』
かぜ症候群】抗ウイルス作用をもつ
●ビタミンCがかぜ症候群によいわけは?
『ビタミンCは、体の免疫力を高めてかぜなどの感染症にかかりにくくしたり、ウイルスを撃退して、治癒を早める働きをします。かぜには各種のビタミンやミネラルをバランスよく摂る必要がありますが、なかでもビタミンCが重要とされるのは、このためです。 』

●上手に摂取するには?
『Eが多い種実類や植物油は、エネルギーが高いので摂り過ぎに注意。Cは酸化されやすいので、果物も切ったらすぐに食べましょう。Cが効率よく摂れるのは、いも類。野菜は加熱調理などで半分以下になるので、手早い炒め物などがおすすめです。 摂取後、2〜3時間で排泄されるので3食できちんととります。Cの豊富な野菜や果物には、食物繊維をはじめ、血圧を抑えるC以外の成分も含まれています。錠剤より食品でとるのがベストです。 ビタミンCは、水に溶け、熱や空気中の酸素によって破壊されやすいので、野菜を調理するときは、水にさらすのを短時間にとどめ、加熱時間も短くします。新鮮な野菜なら損失の心配はありません。摂りすぎても問題はないので、多めに取るようにしましょう。 』
肺炎】肺の粘膜を強化する
●ビタミンCが肺炎によいわけは?
『ビタミンCには、炎症を起こしている肺の粘膜を丈夫にし、免疫力を高めて治癒を早める効果があります。』

●上手に摂取するには?
『Eが多い種実類や植物油は、エネルギーが高いので摂り過ぎに注意。Cは酸化されやすいので、果物も切ったらすぐに食べましょう。Cが効率よく摂れるのは、いも類。野菜は加熱調理などで半分以下になるので、手早い炒め物などがおすすめです。
摂取後、2〜3時間で排泄されるので3食できちんととります。Cの豊富な野菜や果物には、食物繊維をはじめ、血圧を抑えるC以外の成分も含まれています。錠剤より食品でとるのがベストです。
ビタミンCは、水に溶け、熱や空気中の酸素によって破壊されやすいので、野菜を調理するときは、水にさらすのを短時間にとどめ、加熱時間も短くします。新鮮な野菜なら損失の心配はありません。摂りすぎても問題はないので、多めに取るようにしましょう。 』
神経症】ストレスへの抵抗力を増す
●ビタミンCが神経症に良いわけは?
『神経症の要因にストレスがあげられますが、ビタミンCはこのストレスに抵抗するホルモンの生成にはたらきます。ストレスが多いほど、ビタミンCの消費も多くなりますから、充分な補給が必要です。また、Cには疲労をとり、精神状態を軽快にする作用もあり、精神分裂症が改善したという報告例もあります。』

●上手に摂取するには?
『Eが多い種実類や植物油は、エネルギーが高いので摂り過ぎに注意。Cは酸化されやすいので、果物も切ったらすぐに食べましょう。Cが効率よく摂れるのは、いも類。野菜は加熱調理などで半分以下になるので、手早い炒め物などがおすすめです。
摂取後、2〜3時間で排泄されるので3食できちんととります。Cの豊富な野菜や果物には、食物繊維をはじめ、血圧を抑えるC以外の成分も含まれています。錠剤より食品でとるのがベストです。
ビタミンCは、水に溶け、熱や空気中の酸素によって破壊されやすいので、野菜を調理するときは、水にさらすのを短時間にとどめ、加熱時間も短くします。新鮮な野菜なら損失の心配はありません。摂りすぎても問題はないので、多めに取るようにしましょう。 』
貧血】鉄の吸収をよくする
●ビタミンCが貧血によいわけは?
『ビタミンCには鉄の吸収をよくしてヘモグロビンの合成を助ける作用があり、貧血を予防します。また、同様に赤血球の生成に必要な銅の吸収もよくして貧血への効き目を強くします。』

●上手に摂取するには?
『Eが多い種実類や植物油は、エネルギーが高いので摂り過ぎに注意。Cは酸化されやすいので、果物も切ったらすぐに食べましょう。Cが効率よく摂れるのは、いも類。野菜は加熱調理などで半分以下になるので、手早い炒め物などがおすすめです。
摂取後、2〜3時間で排泄されるので3食できちんととります。Cの豊富な野菜や果物には、食物繊維をはじめ、血圧を抑えるC以外の成分も含まれています。錠剤より食品でとるのがベストです。
ビタミンCは、水に溶け、熱や空気中の酸素によって破壊されやすいので、野菜を調理するときは、水にさらすのを短時間にとどめ、加熱時間も短くします。新鮮な野菜なら損失の心配はありません。摂りすぎても問題はないので、多めに取るようにしましょう。 』
慢性関節】痛みを軽くし、関節を強くする
●ビタミンCが慢性関節リウマチによいわけは?
『ビタミンCは、痛みを抑えるステロイドホルモンの分泌をよくします。また関節の結合組織(コラーゲン)を強める働きにより、リウマチの症状を軽減します。そのために、1日1〜2gの大量投与が試みられています。慢性関節リウマチの患者には、血管炎の合併がみられ、皮膚の出血が起こりやすくなっているので、その点からも、充分な補給がが必要です。』

●上手に摂取するには?
『Eが多い種実類や植物油は、エネルギーが高いので摂り過ぎに注意。Cは酸化されやすいので、果物も切ったらすぐに食べましょう。Cが効率よく摂れるのは、いも類。野菜は加熱調理などで半分以下になるので、手早い炒め物などがおすすめです。
摂取後、2〜3時間で排泄されるので3食できちんととります。Cの豊富な野菜や果物には、食物繊維をはじめ、血圧を抑えるC以外の成分も含まれています。錠剤より食品でとるのがベストです。
ビタミンCは、水に溶け、熱や空気中の酸素によって破壊されやすいので、野菜を調理するときは、水にさらすのを短時間にとどめ、加熱時間も短くします。新鮮な野菜なら損失の心配はありません。摂りすぎても問題はないので、多めに取るようにしましょう。 』
皮膚】しみ、そばかすを予防する
●ビタミンCが皮膚によいわけは?
『ビタミンCは、細胞の結合組織であるコラーゲンの合成にはたらき、肌に弾力性(はり)をもたせます。また、メラニン色素の沈着を抑制する作用があるので、しみ、そばかすの予防に効果的。皮膚が黒くなるのを防ぐほか、細菌感染やストレスに対する抵抗力を高めるはたらきもあります。Cは便秘にも有効です。』

●上手に摂取するには?
『Eが多い種実類や植物油は、エネルギーが高いので摂り過ぎに注意。Cは酸化されやすいので、果物も切ったらすぐに食べましょう。Cが効率よく摂れるのは、いも類。野菜は加熱調理などで半分以下になるので、手早い炒め物などがおすすめです。
摂取後、2〜3時間で排泄されるので3食できちんととります。Cの豊富な野菜や果物には、食物繊維をはじめ、血圧を抑えるC以外の成分も含まれています。錠剤より食品でとるのがベストです。
ビタミンCは、水に溶け、熱や空気中の酸素によって破壊されやすいので、野菜を調理するときは、水にさらすのを短時間にとどめ、加熱時間も短くします。新鮮な野菜なら損失の心配はありません。摂りすぎても問題はないので、多めに取るようにしましょう。 』
歯周病】歯ぐきからの出血を防ぎ、丈夫にする。
●ビタミンCが歯周病によいわけは?
『ビタミンCはコラーゲンの合成にはたらき、歯、歯ぐき、歯肉を丈夫にして、歯ぐきからの出血を防ぎ、歯周病にも効果が認められています。』

●上手に摂取するには?
『上記参照+また、ビタミン剤を使用するときは、ビタミンPをプラスしたものを利用するとよいでしょう。 』
疲れ目】目の粘膜をつくる
●ビタミンCが疲れ目によいわけは?
『ビタミンCには、目の粘膜をつくり、水晶体の老化を防ぐはたらきがあります。不足すると視力が低下し、白内障や緑内障にかかりやすくなります。』

●上手に摂取するには?
『Eが多い種実類や植物油は、エネルギーが高いので摂り過ぎに注意。Cは酸化されやすいので、果物も切ったらすぐに食べましょう。Cが効率よく摂れるのは、いも類。野菜は加熱調理などで半分以下になるので、手早い炒め物などがおすすめです。 摂取後、2〜3時間で排泄されるので3食できちんととります。Cの豊富な野菜や果物には、食物繊維をはじめ、血圧を抑えるC以外の成分も含まれています。錠剤より食品でとるのがベストです。 ビタミンCは、水に溶け、熱や空気中の酸素によって破壊されやすいので、野菜を調理するときは、水にさらすのを短時間にとどめ、加熱時間も短くします。新鮮な野菜なら損失の心配はありません。摂りすぎても問題はないので、多めに取るようにしましょう。 』
白内障】強い抗酸化作用で予防する
●ビタミンCが白内障の予防によいわけは?
『ビタミンCは細胞と細胞を結合させるコラーゲンの合成にはたらき、眼球からの出血や老化を防ぐほか、活性酸素の害を防ぐ抗酸化作用があるので、白内障の予防に効果を発揮します。』

●上手に摂取するには?
『Eが多い種実類や植物油は、エネルギーが高いので摂り過ぎに注意。Cは酸化されやすいので、果物も切ったらすぐに食べましょう。Cが効率よく摂れるのは、いも類。野菜は加熱調理などで半分以下になるので、手早い炒め物などがおすすめです。 摂取後、2〜3時間で排泄されるので3食できちんととります。Cの豊富な野菜や果物には、食物繊維をはじめ、血圧を抑えるC以外の成分も含まれています。錠剤より食品でとるのがベストです。 ビタミンCは、水に溶け、熱や空気中の酸素によって破壊されやすいので、野菜を調理するときは、水にさらすのを短時間にとどめ、加熱時間も短くします。新鮮な野菜なら損失の心配はありません。摂りすぎても問題はないので、多めに取るようにしましょう。 』
頭痛】痛みの緩和に抜群の効果がある
●ビタミンCが頭痛によいわけは?
『ビタミンCは、かぜやインフルエンザ、疲労、ストレス、肩こりなどによる頭痛、また、偏頭痛や慢性的な頭痛など、ほとんどの頭痛に効果があることがわかっています。それも、効き目は強く、即効性も期待できます。ただし、鎮痛剤のアスピリンを服用しているときは注意が必要です。アスピリンを100%野菜・果汁ジュースと飲むと、薬の効果は薄れます。ビタミンCを多く含む食品との併用も禁物です。』

●上手に摂取するには?
『Eが多い種実類や植物油は、エネルギーが高いので摂り過ぎに注意。Cは酸化されやすいので、果物も切ったらすぐに食べましょう。Cが効率よく摂れるのは、いも類。野菜は加熱調理などで半分以下になるので、手早い炒め物などがおすすめです。 摂取後、2〜3時間で排泄されるので3食できちんととります。Cの豊富な野菜や果物には、食物繊維をはじめ、血圧を抑えるC以外の成分も含まれています。錠剤より食品でとるのがベストです。 ビタミンCは、水に溶け、熱や空気中の酸素によって破壊されやすいので、野菜を調理するときは、水にさらすのを短時間にとどめ、加熱時間も短くします。新鮮な野菜なら損失の心配はありません。摂りすぎても問題はないので、多めに取るようにしましょう。 』

ビタミンCを多く含む食品

  • 果実系
    アセロラ(10%果汁入り飲料)、グアバ、いちご、みかん(天然果汁)、ネーブル、  柿、キウイ、グレープフルーツ など
  • 野菜・いも類
    赤ピーマン、菜の花、芽キャベツ、ブロッコリー、かぶの葉、西洋かぼちゃ など

ビタミンCを多く含む食品ランキング (1日の所要量 50mg)

  食品名   含有値
1 グアバ 135g 135mg
2 いちご4個 100g 80mg
3 みかん天然果汁 210g 73.5mg
4 パパイア1/3個 100g 65mg
5 キウイ 80g 64mg
6 ブロッコリー 40g 64mg
7 菜の花 50g 60mg
8 ネーブルオレンジ1/2個 100g 60mg
9 柿1/2個 80g 56mg
10 グレープフルーツ1個 120g 45.6mg
ビタミンCをバランス良く摂りましょう
栄養成分のバランスを意識して食事を摂るのは、なかなか難しいですよね。
であれば、漢方の考え方に基づいて作られた健康茶で、体のバランスの調整をしてみてはいかがでしょうか。ビタミンCを含む、柿の葉・クコの実・大麦・熊笹・大麦若葉なども入っています。
健康茶比較ランキングはコチラ
参考:
病気を治す栄養成分BOOK
からだに効く栄養成分バイブル
その他の成分の効果・効能・栄養
イノシトール
EPA(エイコサペンタエン酸)
オレイン酸
カリウム
カプサイシン
カテキン
カゼイン
カルシウム
γ(ガンマ)‐リノレン酸
ギムネマ酸
コラーゲン
コリン
食物繊維
セサミノール
大豆サポニン
多価飽和脂肪酸
タウリン
鉄分
DHA(ドコサヘキサエン酸)
ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
ビタミンE
パントテン酸
ポリフェノール
ビフィズス菌
マグネシウム
リフレ 薔薇の滴
薔薇の滴
リフレ
てまひま堂 にんにく卵黄
にんにく卵黄
てまひま堂

このページのTOPへ

世界有数の長寿国になった日本ですが、生活習慣病患者数や予備軍は、年々増えています。そういった病気の原因と、予防の為に不可欠な「食」の栄養素を解説します。

病気・症状
肩こり・冷え性
便秘
高血圧
動脈硬化
効果のある成分
食物繊維
ビタミンC
カリウム
鉄分
ビタミンB1

気になる健康チェック 未病診断チェックStart 冷え性診断チェックStart