からだのバランスを整え、病気を予防するちから 食養生とは五性

自然界が与えてくれる「からだに必要な食物」

食養生食べ物には体を温める性質と、体を冷やす性質があるとするのが漢方の考え方。
その性質の度合いを5段階であらわしたのが「五性」です。自然界とはよくできたもので、暑い夏に採れる食材は体を冷やすものが多く、寒い冬に採れる食材は体を温めるものが多いので、その時季に体が求めている食品を、自然界がちゃんと用意してくれているので、私たちは日ごろから旬の食材を摂るように心がければ、年間を通して快適に過ごすことができるといえるでしょう。

体の熱を冷まします。冷え性の人は注意が必要
体を冷やし、体内の余分な熱をとったり、鎮静・消炎作用があり、便通をよくします。この性質の食材は、熱っぽい症状や、ほてりやのぼせがある人におすすめ。夏の暑い時期の水分補給などに向きますが、冷えのある人は量に注意して、温熱性の食材と組み合わせるなど、工夫しましょう。
主な食材:あさり、昆布、塩、大根、バナナ、ウコン、くちなしの実、ケツメイシ、柿、かに、 ごぼう、しじみ、白砂糖、なす、ゴーヤ、はまぐり、わかめ、メロン…など
からだを冷やすため、のぼせの症状におすすめ
寒性ほど作用は強くないものの、同じく余分な熱をとって体を冷やします。 清涼感のある夏の食材は、たいてい寒性か涼性に属します。のぼせの症状が出やすい人におすすめです。

主な食材:きゅうり、菊花、セロリ、トマト、冬瓜、白菜、はと麦、ほうれん草、ペパーミント、百合根、緑豆、緑茶、ウーロン茶、小麦、すいか、そば、たけのこ、豆腐、梨、チンゲンサイ、れんこん…など
冷やす・温めるの中間。温和な平性の食物
体を冷やしすぎず、温めすぎない、寒涼、熱温のどちらにも属さない穏やかな性質をもつ食材を平性といいます。性質が温和で、体質を選ばないため、持続して摂っても問題ありません。虚弱体質や病後、子どもや老人など、体力がない人にもおすすめです。
主な食材:黒ごま、長いも、クコの実、蓮の実、梅、うるち米、小豆、大豆、グリーンピース、そら豆、コーン、じゃがいも、にんじん、さつまいも、さといも、きくらげ、しいたけ、きゃべつ、たまご、牛肉、豚肉、うなぎ、すずき、いか、たこ、ピーナッツ、銀杏、いちご、ぶどう、りんご、レモン、いちじく、牛乳、投入、はちみつ、米砂糖…など
寒い時期におすすめ。体をあっためる食材
体を温める食材は、温性または熱性に分類されます。 気や血液の流れをよくして、新陳代謝を高める働きがあります。冷えのある人、疲れやすい人は積極的に摂りたい食材です。冬場の寒い時期にはとくにおすすめです。

主な食材:あじ、いわし、えび、かぼちゃ、栗、くるみ、黒砂糖、さけ、しそ、酢、しょうが、なつめ、菜の花、にら、にんにく、ねぎ、ピーマン、羊肉、桃、らっきょう、鶏肉、ライチ…など
血行を促進。寒気に効くが、摂りすぎはニキビの原因に
温性より強い作用をもつ、体を温める食材です。血行を促進し、新陳代謝を高めるのにもっとも効果的ですが、摂りすぎるとニキビや吹き出ものが出る場合があるので、注意しましょう。また、風邪を引いて寒気がするときはおすすめですが、熱が高いときはひかえます。
主な食材:山椒、シナモン、こしょう、唐辛子

(抜粋: 漢方をはじめよう(成美堂出版)

「生命を養うのは食事」というのが食養生の考え方です

食養生 体にとって本当に必要なものとは? バランスを整えるからだのちからとは?

【食養生】につながる4つの考え方

健康茶比較ランキング

このページのTOPへ

世界有数の長寿国になった日本ですが、生活習慣病患者数や予備軍は、年々増えています。そういった病気の原因と、予防の為に不可欠な「食」の栄養素を解説します。

病気・症状
肩こり・冷え性
便秘
高血圧
動脈硬化
効果のある成分
食物繊維
ビタミンC
カリウム
鉄分
ビタミンB1

気になる健康チェック 未病診断チェックStart 冷え性診断チェックStart