ハブ茶の効果効能 〜疲労回復から高血圧症まで万病に効果的なハブ茶〜

ハブ茶とは

ハブ茶はエビスグサ〔夷草〕の種子を使う健康茶である。エビスグサは北米原産のマメ科の一年草で、別名を決明、ロッカクソウともいう。
長さ15〜20cm の豆果から30粒余りの小豆大の種子が採れるが、漢方ではこれを決明子と呼び、種々の眼病、習慣性便秘、高血圧、肝炎、脚気、浮腫などに用いている。
わが国では麦茶のように焙じて「ハブ茶」とし、健康増進と強壮、肝臓と腎臓を強くするとして愛飲されているが、マムシ(ハブ)毒にも効くとされたことからこの名がある。

この素材を含む 健康茶比較ランキング

ハブ茶の効果効能

便秘を治す
アントラキノン誘導体の緩下作用によるとみられ、ハブ茶にハチミツを加えると一層効果的である。また、決明子に大黄を混ぜて煎じた汁も便秘に効く。
胃腸病を治す。
胃腸が弱くて痩せている人はハブ茶を飲むとよい。また、決明子20gに キハダ(黄柏)1gを混ぜた煎じ汁は胃弱に効果的で、キハダの代わりにゲンノショウコ(玄草)を混ぜて飲むと、胃潰瘍に効果がある。
目の疲れや充血を取り除く。
ハブ茶を常飲し、またその汁で目を洗うと目の疲れや充血がとれ、視力の衰えを防ぐのに効果がある。
腎臓病によい。
ハブ茶を飲むと水分が大便と共に排出され、腎臓の負担を軽くする。
口内炎に効果がある
口の中が荒れたり、舌が赤くただれたり、また乳児の舌が白くなった時、煮出したハブ茶を3回ほど口に含むか、うがいをするとよい。
その他
酒を多く飲んだ後に濃いハブ茶を飲むと二日酔いしない ハブ茶とドクダミを同量ずつ混ぜて飲むと高血圧に効く

含まれる成分

ビタミンA
アントラキノン誘導体
その他おすすめ素材一覧
ローヤルゼリー
昆布
黒酢
クロレラ
霊芝
高麗人参
アロエ
プルーン
玄米
クマザサ
クコの葉
ハトムギ
ドクダミ
しいたけ
桑の葉
ナツメ
甘草
クコの実
ゴマ
大麦
大麦若葉
杜仲葉
タンポポの根
サンザシ
緑茶
柿の葉
サツマイモ
バンザクロの実
ハブ茶
発芽大麦
カワラケツメイ
グアバ葉
カミツレ
あまちゃづる
桑の葉
スイカズラ
コフキサルノコシカケ
ハマナス(ヤマハマナス)の実
その他おすすめ成分一覧
ビタミンC
カルシウム
ビタミンE
食物繊維
コラーゲン
カロチン
アミノ酸
グルコサミン
ミネラル
乳酸菌
参考サイト:
ケンコミ -健康情報クチコミサイト-
てまひま堂 にんにく卵黄
にんにく卵黄
てまひま堂
リフレ 薔薇の滴
薔薇の滴
リフレ

このページのTOPへ

世界有数の長寿国になった日本ですが、生活習慣病患者数や予備軍は、年々増えています。そういった病気の原因と、予防の為に不可欠な「食」の栄養素を解説します。

病気・症状
肩こり・冷え性
便秘
高血圧
動脈硬化
効果のある成分
食物繊維
ビタミンC
カリウム
鉄分
ビタミンB1

気になる健康チェック 未病診断チェックStart 冷え性診断チェックStart